すべてが日経225先物の10分の1

日経225mini VS 日経225先物

ここでは、日経225mini(ミニ)と
日経225先物(ラージ)の違いを見て行きたいと思います。

 

日経225先物は取引金額が大きいことから、もっぱらプロの
機関投資家などがリスクヘッジ、もしくは投機的取引に用いる
というのが一般的でした。

 

これに対して日経225mini(ミニ)は、日経225先物に比べ、
小□で取引できる点が魅力です。

取引単位は日経平均株価(日経225)の100倍

1枚(取引単位で "枚" と言います)取引するのに、
日経平均株価(日経225)を100倍した金額が、最低取引単位です。

 

日経225先物取引(ラージ)の最低取引単位は日経平均株価(日経225)の
1、000倍ですので、日経225mini(ミニ)は最低取引単位が、その
10分の1で、個人投資家でも、トレードしやすいのが、
日経225mini(ミニ)といえます。

 

たとえば、日経平均株価が1万円だとしましょう。

 

通常の日経225先物は、日経平均株価の
1000倍が取引単位なので、1000万円分を売買します。

 

これに対して日経225mini(ミニ)なら日経平均株価の
100倍なので、取引単位は100万円分。

呼値の単位(値段の刻み)

呼値とは、値段の刻みのことです。

 

日経225mini(ミニ)の呼値の単位は5円。
つまり,10,255円など5円刻みの値段で注文でき5円刻みで相場が変動します。

 

日経225先物取引(ラージ)では、呼値の単位は10円でして、
10,250円、10,260など10円刻みの値段で注文を行います。

証拠金も10分の1の額

大阪証券取引所の日経225mini(ミニ)の「証拠金」は、
日経225先物取引(ラージ)の10分の1の額になります。
ですから6万円程度を差し入れれば、取引に参加できます。
(時期によって証拠金の額は、変化します。:下の表を参照)

 

このため、より少額の資金で
日経平均株価(日経225)を対象とする先物取引ができます。

 

呼値の単位が小さくなれば、それだけ細かい値段で売買注文を出せますから、より機動的に取引ができるようになります。
とくに、小さな値動きを狙うデイトレードに近い取引を考えている人には、
日経225mini(ミニ)のほうが利用しやすいともいえるでしょう。

「日経225mini」 VS 「日経225先物取引」 比較表
「日経225mini」「日経225先物取引」比較例
1単位あたりの例
日経225mini
日経225先物
証拠金 6〜7万円から60万円〜70万円
呼値の単位 5円 10円
先物価格10,555円 10,550円
取引単位 100倍 1,000倍
取引金額100万円 1000万円
呼値の変動による損益 500円 10,000円

(注意)
● 証拠金は、SPAN(スパン)証拠金のため時期によって変化します。
● 取引金額は、1単位あたりの例。日経平均株価が1万円の場合。

おススメ日経225先物会社

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。