岡三オンライン証券

日経225mini(ミニ)と商品先物取引の比較

日経225mini(ミニ)と商品先物取引の比較

 

 

 

日経225mini(ミニ)と商品先物取引の比較

 

 

 

流動性

 

 

日経225mini(ミニ)と原油や貴金属などの商品先物取引、
投資対象として見た場合、どちらの使い勝手がより優れているのでしょうか。

 

ここでは国内の商品先物取引を対象に考えてみますが、まず市場規模という
点で考えると、日経225mini(ミニ)のほうが大きく、
流動性(リクイディティ)の面で圧倒的に優れています。

 

 

流動性があれば、売りたいとき売れ、買いたいときに買えます。

 

一方、流動性が欠如すると、売りたいときに売れず、買いたいときに
買えなくて、値動きが荒い先物取引では流動性が
少ないとリスクが増大します。

 

その点においても、日経225mini(ミニ)のほうが

 

 

 

 

レバレッジ

 

「リスク」という点を考えた場合、
レバレッジの高低にも留意する必要があります。

 

日経225mini(ミニ)の場合、日経平均株価の100倍を取引しますから、
日経平均株価が9000円だとすると、90万円(9000円×100倍)。

 

これを6万円程度の証拠金で取引すれば、レバレッジは20倍です。

 

 

一方、商品先物取引のなかで個人に最も馴染みのある金の場合、
1グラムあたりの値段が2600円とすると、1キログラム単位の
取引になりますから、金額は260万円。これを13万円の証拠金で
売買すれば、レバレッジは20倍。

 

もちろん、実際に証拠金をいくら準備するかは投資家の任意ですが、
制度面からいうと、高いレバレッジが可能な分、商品先物取引の
ほうが日経225ミニ先物取引よりハイリスクな商品だといえるでしょう。

 

 

 

おススメ日経225先物会社

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。