岡三オンライン証券

日経225mini(ミニ)と個別株との違い

ここでは、
日経225mini(ミニ)と個別株との違いと特徴を解説しています。

 

 

個別株が、日経225mini(ミニ)の取引に対しては、手間がかかります。

 

個別株投資は、さまざまな角度から
個別株を調べて、慎重に銘柄を選ぶ必要があるからです。

 

ただ、この銘柄選びで、これから成長しそうな産業を考え、その分野の
なかから、業績や財務内容が好調で、かつ今後の伸びが期待できる企業を
探すのが、個別株に投資する際の楽しみともいえますが・・・。

 

しかし、慎重に選んだつもりの銘柄でも、突然のスキャンダルで
株価が急降下することなどもあるのが個別株ともいえます。

 

 

 

 

「日経225mini(ミニ)」 VS 「個別株」 比較表

 

 

 

「日経225mini(ミニ)」「個別株」比較例
日経225mini(ミニ)
個別株
銘柄選びは? 不要約4000ある上場企業のなかから銘柄を探し出し、投資対象を見つける
日経平均との連動は?連動する銘柄による
値動きは?日本を代表する225銘柄の値動きの平均なので、日本の景気に連動する。
ソニーやトヨタ自動車など、国際優良株の値動きに影響を受けやすい面もある
全体の市況と各企業の業績による。そのほか、突発的な出来事が株価を上下させることもある。また、仕手情報などで、株価が動く可能性もある情報分析方法は?
情報分析方法は?市場を代表する銘柄で構成されているので、マクロ経済の情報を収集して投資判断する。大局的なモノの見方が必要日本経済全体の動きにも目を配りつつ、投資したい銘柄の業種の動向を検証。その後、企業のビジネス、財務内容、見通しなどを詳細にリサーチする
流動性は?毎日、大量の売買が行なわれているため、流動性がとても高い/td>銘柄によっては、発行株数が少なかったり流動性がほとんどなかったりする場合もある

 

 

この点、日経225mini(ミニ)は、日経225銘柄に分散投資して
いるのと同じで日経平均という1銘柄に投資するため、個別株特有の
リスクに左右されることはありません。

 

 

 

ただ、分散されているということは、それだけ変動率も平均化される
ことになりますので、個別株のように1年で何十倍にも値上がりする
ことはありえません。

 

 

しかし、日経225mini(ミニ)は、レバレッジを効かせられる
利点がありますので、個別株投資で大きなリターンを狙うのに
見合ったリスクをとる考えがあるのなら、より大きなリターンを目指しても、
日経225mini(ミニ)と個別株のリスクにそう違いはないといえます。

 

 

 

 

個別株に対するメリット1 個別株 VS 日経225mini(ミニ) のページへ

 

 

 

おススメ日経225先物会社

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。