日経225先物トロワシステムズ

個別株に対するメリット2 個別株 VS 日経225mini(ミニ)

個別株に対するメリット2 個別株 VS 日経225mini(ミニ)

 

 

個別株に対するメリット2

 

 

さて、前ページから引き続きまして、
日経225mini(ミニ)の個別株に対しますメリットを説明します。

 

 

 

個別株よりトレンドが出易い

 

 

個別株の場合、マーケット全体の勢いにも影響されますが、
それ以上に、個別企業独自の材料によって株価が上下することも多く、
株価を左右する要因が複雑で、例えば、日経平均が上昇トレンド
(方向性)に入っているのに、自分が所有する個別株の企業に
なにか悪い状況がおこり、上昇の波に乗れないこともあります。

 

反対に、日経平均のような株価インデックスなら、一部の銘柄が、個別材料で動いたとしても、採用銘柄全体で見ればその影響が平均化されます。

 

このような理由で、経済全体の方向に沿ったわかりやすいトレンド
(方向性)を描きやすくなるので、その波に乗れば利益がとりやすく
なるメリットが、個別株よりあります。

 

 

 

個別株より手数料が非常に安い

 

証券会社によって手数料率には差があるのですが、たとえば

リテラ・クレア証券
の場合、片道の売買手数料が1枚当たり52・5円
(消費税込み。 「枚」は先物の取引単位)。

 

売り買いの往復でも105円しかかかりません。

 

取引会社を選ぶ際には、取引システムの迅速さ、使いやすさなどとともに、
売買手数料の高低も十分に検討したいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

日足、週足、月足、年足にテクニカル指標を重ね書き可能なソフト。日々の相場データのダウンロード機能付き。プロ版では、サヤ場帳、玉帳機能、米国株式データなどをご利用いただけます。日経225先物、日経225オプション対応!(プロ版)

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。