日経225先物トロワシステムズ

信用取引に対しての日経225mini(ミニ)のメリット

さて、ここでは、
信用取引に対しての日経225mini(ミニ)のメリットを説明します。

 

 

 

コスト面で有利

 

 

日経225mini(ミニ)は、信用取引に対しコスト面で有利です。

 

信用取引の場合、現金を借りて株式を買う、あるいは株券を借りて
売却するという取引ですから、現金を借りる際には「金利」が、
株券を借りる際には「品賃料」がかかってきます。

 

 

たとえば信用取引の売りを仕掛ける場合には、売買手数料に加えて、
品質料がコストとして上乗せされてくるのです。      

 

 

この点、日経225225mini(ミニ)の場合は、
かかるコストは、売買手数料のみです。

 

現物取引や信用取引に比べて、ローコストな取引が可能だということは、
取引回数が増えやすい短期のトレードで利益を上げるうえで非常に
大切なポイントだといえます。

 

 

 

 

 

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

日足、週足、月足、年足にテクニカル指標を重ね書き可能なソフト。日々の相場データのダウンロード機能付き。プロ版では、サヤ場帳、玉帳機能、米国株式データなどをご利用いただけます。日経225先物、日経225オプション対応!(プロ版)

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。