分別管理保全で取引会社破綻OK!

取引証券会社が破綻した場合は?

 

 

 

分別管理による保全

 

 

日紐225mini(ミニ)を取引する際に、顧客が
証券会社に預託した証拠金は、原則として金融商品取引所に
全額差し入れる形になっています。

 

 

さらに金融商品取引所においては、投資家の証拠金はすべて分別管理
されているため、取引相手となる証券会社が破たんしたとしても、
投資家が差し入れた証拠金は、基本的に守られる形になります。

 

 

しかし、資金の保護がされても、取引相手の証券会社が破たんした以上、
いつもどおりに取引が継続できる保証はありません。

 

つまり、破たんしたの証券会社を通じて売買注文を出せなく
なるわけですから、いったん、破たんした証券会社の□座を手仕舞
ってから、他の証券会社に新たに□座を開き、そこで取引を続けるという
形になります。

 

取引する際には信用のある証券会社を選びましょう。

 

 

また、資金的に余裕があれば、複数の口座を開設して
トレード資金を分散させるのも手です。

日経225mini × MT4 自動売買

スーパースキャルピング225-2

MT4 日経225mini

スーパースキャルピング225-2 (日経225mini × MT4 〜 メタトレーダー4)

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。