取引会社は何を基準にして選べばいいの?

日経225mini 選び方

日経225取引証券会社の選び方ですが、以下に箇条書きにしてみました。

 

@ 自分の投資スタイルに合っているか?

 

  ネット取引ができるか、対面取引ができるかなどを調べる

 

A 手数料が安いか調べる〜安くても使いにくいとか問題があったらダメ

 

B 自分が使いたい注文方法があるかどうか?

 

  注文の入力画面がわかりやすいことも大切ですよ。

 

C 相場に関する情報ツールなどが充実しているかどうか?

 

D 取引画面がフィーリングに合い使いやすいかどうか?

手数料から見た証券会社選び

日経225mini(ミニ)の取引では、デイトレードを
行なう人が多いといわれます。

 

このような短期の取引では当然、トレード回数が増えますし、
小さな値動きで利益を得るためには、コストが少しでも安い証券会社で
取引したほうが有利です。

 

もちろん、こうした短期トレードではなく、リスクヘッジ目的
でも、コストは安いに越したことはありません。

 

その意味で重要なのが、手数料から見た証券会社選びです。
たとえばGMOクリック証券225miniでは、1枚あたりの取引手数料が
片道39円(税込)となっています。

 

キャンペーンを除いてFXのように「取引手数料無料」というところは
まだ登場していませんので、このぐらいの水準が
現在の最安値クラスだといってよいでしょう。

情報提供や執行スピードなどもチェック!

手数料以外にも注目すべき点ですが、たとえば最近は、先物取引に関する
セミナーを開催して、投資家に新鮮な情報提供を行なっている
ところもあります。

 

セミナーに関しましては、会場セミナーはもちろん自宅で受講できる
オンラインセミナーが充実しています岡三オンライン証券がおすすめでしょう。

 

とくに初心者にとっては、先物取引のイロハを理解するためにも、
岡三オンライン証券がよろしいかと思います。

 

また、売買執行のスピードや、
さまざまな注文手法が揃っているかどうかもポイントです。

 

先物取引はレバレッジのかけ方によってはリスクも高くなりますから、
当然、逆指値注文によってロスカットが自動的に行なえるか
どうかが重要になります。

 

また、オンライン取引の場合は、システムがダウンしたときの対応
法などについても、各取引会社のホームページにあるQ&Aなどで確認して
おくようにしましょう。

 

当サイトの左メニュー最上部の証券会社比較項目の
ページも参考にしてくださいね♪

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

日足、週足、月足、年足にテクニカル指標を重ね書き可能なソフト。日々の相場データのダウンロード機能付き。プロ版では、サヤ場帳、玉帳機能、米国株式データなどをご利用いただけます。日経225先物、日経225オプション対応!(プロ版)

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。