日経225先物トロワシステムズ

少額の資金で高いレバレッジ

少額の資金で高レバレッジ

 

 

日経225mini(ミニ)の最大の魅力は、
「レバレッジ」(てこを利かす)を使った取引ができることです。

 

ただ株式の信用取引がせいぜい資金の3倍程度のレバレッジであるのに対し、
日経225先物はなんと100倍以上のレバレッジ効果があります。

 

 

ちなみに、日経225先物ラージでは、1000倍です。

 

 

そのレバレッジ効果故に、ハイリターンがあり魅力であるといえます。
もちろん、その裏返しで、ハイリスクでもありますが、リスク管理さえ
しっかりと行えば少ない資金で最大の利益を生み出すことが可能です。

 

 

では、なぜレバレッジ効果があるのでしょうか。
そのしくみを説明しましょう。

 

先物取引とは、将来、受渡しするモノの値段を、現時点で決める取引のこと。

 

したがって、先物取引の注文が成立した時点では、あくまでも
「将来、その値段で買います」ということを約束しているだけに過ぎな
いため、取引に必要な金額を全額払う必要はありません。

 

ただ、その取引を行なうのに十分な信用があることを示すために、
「証拠金」という担保を納めますが、日経225ミニでは、
大阪証券取引所が決めた数値「プライス・スキャンレンジ」をベースに
「証拠金」を収めて取引を行ないます。

 

 

 

 

資金効率とレバレッジ

 

 

レバレッジの意味は日本語で「てこ」という意味ですが、
「てこ」の原理から少ない資金で、大きな資金を動かすという
意味になりまして「倍率」ともあらわします。

 

 

例えば、30万円の資金を元に、
600万円の取引をしているならば、レバレッジ20倍ということです。

 

手元資金の何倍の取引をしているの
かという倍率のことをレバレッジと覚えるといいでしょう。

 

 

レバレンジが効くというメリットを最大限に活かすと、元本に対する
リターンの比率(資金効率)を高めることが可能になります。

 

たとえば、6万円の証拠金で100万円相当の日経平均株価に
投資すれば、日経平均が3%(3万円程度)上がれば、元本の6万円に対して
は50%もの上昇率になるわけです。

 

しかし、逆に3%下がれば、元本の半分を失ってしまいます。

 

資金効率を高めれば、リスクもリターンも大きくなりますから、
十分注意することが必要です。

 

 

 

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

日足、週足、月足、年足にテクニカル指標を重ね書き可能なソフト。日々の相場データのダウンロード機能付き。プロ版では、サヤ場帳、玉帳機能、米国株式データなどをご利用いただけます。日経225先物、日経225オプション対応!(プロ版)

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。