日経225先物トロワシステムズ

投資元本(とうしがんぽん)が保証されない

投資元本(とうしがんぽん)が保証されない

 

 

日経225mini(ミニ)は、日経平均株価指数を対象にした、先物取り引
きですから、もちろん、利益が保証されている商品ではありません。

 

 

投資元本も保証されませんので、逆に、元本を割り込んで、
赤字になったり資金が、枯渇恐れがあるのは、事実といえます。

 

 

資金が、枯渇するということは、日経225mini(ミニ)は、
証拠金取引ですので、もちろん、日経平均が変動して、
含み損が増えた場合は、証拠金の追加をその取引を継続したい
口座に入金する必要があけます。

 

 

それをしないと、証券会社から強制決済をされまして、
損をしたまま、取引が終了することになります。

 

 

具体的には、メールや取引口座画面に

 

「証拠金が不足していますので、
明日12時までに追加の証拠金を入れてください」とのお知らせがきます。

 

 

入金がなければ、強制的に反対売買をされることになり、
損失額が確定することになります。

 

 

ですから、日経225mini(ミニ)のトレードをするのには、
生活をしていくための、お金以外の余裕資金を使うのは、もちろん、
借金でトレード資金を稼ぐのは、論外と言えましょう。

 

 

また、追加証拠金の発生を防ぐためには、予測が外れた場合に備えて
あらかじめ損失額を決めておいたり、余裕を持った証拠金の確保などの
対応や準備が必要です。

 

 

今、自分がレバレッジ何倍の取引をしているかは、
証券会社の口座には表示されないので自己のリスク管理が大切です。

 

 

資金に余裕をもたせた取引を

 

例えば、90万円の取引ができる証拠金が6万円としましょう。

 

この場合、なけなしの6万円で目一杯
レバレッジを効かせた取引はしないことです。

 

少なくとも50万円くらいの資金をもっていて、このうち6万円で
90万円の取引をするというくらいのイメージが望ましいでしょう。

 

損失が拡大すると「追証」がかかります。

 

限られた資金で取引すると、追証を払うことができず、
強制的にポジションを閉じなければならなくなります。

 

 

そうなると、自分の考えに従った取引もできなくなってしまうのです。

 

 

ある程度、資金的な余裕をもたせたトレードが、
結局は勝ちにつながるといえます。

 

 

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

日足、週足、月足、年足にテクニカル指標を重ね書き可能なソフト。日々の相場データのダウンロード機能付き。プロ版では、サヤ場帳、玉帳機能、米国株式データなどをご利用いただけます。日経225先物、日経225オプション対応!(プロ版)

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。