日経225先物トロワシステムズ

チャートとは? 日経225ミニ(mini)のチャート

チャートとは?

 

 

チャートとは、過去の株の値動きを記録し、それをグラフにしたものです。
日経225ミニ(mini)で収益を上げるためには、チャートが必要です。

 

 

 

チャートは、なぜ必要か?

 

 

トレーダーが、収益を上げるためには、
トータルで利益が出るトレードルールを確立して、
その、トレードルールに従って売買をすることです。

 

 

そのためには、どこで、買う(売る)かのエントリーポイント(入り口)
と、どこで利益確定か損きりかの2つのエグジット(出口)を
チャートで読み解き、淡々と売買をすることなのです。

 

 

 

 

チャートを読み解くポイント

 

 

チャートで読み解くものは、「鳥の目」と言われる、日経平均株価の
大きな流れであるトレンドと、「虫の目」と言われる、現在の状態です。

 

それらを、チャートで、読むことにより、金融投資の計算できない
不確実性のリスクを低くしてハイリターン(高い報酬)の取引を継続で
きることが、可能になり、厳しい相場の世界を生き残れるのです。

 

 

 

チャートの種類

 

 

日経平均株価には、「大きな流れ」であるトレンドがあります。
そのトレンドを読み解くトレンド系のチャートの代表が「移動平均線」です。

 

また、それとは、別に、ある一定の範囲を振り子のように推移する
「現在」の日経平均株価の状態を読むには、
オシレーター(=「振り子」という意味)系のチャートを活用します。

 

 

オシレーター系の代表的なチャートが、
「スローストキャスティクス(STC)」と「RSI」です。
これらのチャートでは、客観的に最良のエントリー・エグジットの
ポイントがわかります。

 

 

 

日経平均株価の歪(ゆが)み

 

「スローストキャスティクス(STC)」と「RSI」で
最良のエントリー・エグジットのポイントがわかる理由は、
日経平均株価に「歪み」が生じることがあるのですが、
「スローストキャスティクス(STC)」と「RSI」は、
株価の歪みの状態を「数値」で表すので客観的に
最良の新規買い・新規売りのポイントと利益確定と損切りの
ポイントがわかるのです。

 

 

「歪み」とは、日経平均株価が上下に振れて、買われ過ぎ・
売られ過ぎの異常な状態で、このことは、頻繁にあります

 

「歪み」という漢字は、分解しますと「正しく不(な)い」
となりますので、日経平均株価は、元の正常な位置に戻ろうとするのです。

 

 

また、売買サインを見つけるためには「ローソク足」も利用します。

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

日足、週足、月足、年足にテクニカル指標を重ね書き可能なソフト。日々の相場データのダウンロード機能付き。プロ版では、サヤ場帳、玉帳機能、米国株式データなどをご利用いただけます。日経225先物、日経225オプション対応!(プロ版)

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。