日経225先物トロワシステムズ

ローソク足 日経225mini(ミニ) ローソク足

ローソク足

 

 

ある日の日経平均株価のローソク足の形は何を意味しているのでしょう。

 

株式市場に参加している投資家の日本株を「買うか、売るか、あるいは見送るか」の判断は、ファンダメンタル分析やテクニカル分析や情報(M&A、新商品、業務提携、あるいはインサイダー情報まで)などの、さまざまな分析手法基づいた結果が、ローソク足の形になります。

 

 

 

ローソク足詳細

 

 

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の4つの値で形成されています。

 

終値が、始値より高い価格のローソク足を陽線(ようせん)といい、
通常は白色で描かれます。逆に終値が、始値よりも低い価格のものを陰線
(いんせん)といい、通常は黒色で描かれます。そして、高値・安値は上下に突き出した線(「ひげ」と呼ばれます)で表します。

 

 

 

X日の日経225ミニの例

 

 

9時の寄付で800円でした(始値)。

 

その後、7800円まで下げた後(安値)、反発して
8500円まで上げたのち(高値)、大引けの15時10分には、
8300円になりました(終値)。

 

この日は、
寄付よりも終値の方が高く終わりましたので、陽線(白色)になります。

 

翌日のY日、9時の寄付は8300円でした(始値)。
その後、8500円まで上がった後(高値)、7800円まで反落した
のち(安値)、大引けの15時10分には、8000円になりました(終値)。

 

この日は、
寄付よりも終値の方が安くなりましたので、陰線(黒色)となります。

 

 

このX日、Y日のローソク足は、下記の通りです。

 

 

 

ローソク足の図解

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

日足、週足、月足、年足にテクニカル指標を重ね書き可能なソフト。日々の相場データのダウンロード機能付き。プロ版では、サヤ場帳、玉帳機能、米国株式データなどをご利用いただけます。日経225先物、日経225オプション対応!(プロ版)

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。