日経225先物トロワシステムズ

レバレッジのコントロール 適正化

レバレッジのコントロール

 

 

ここでは、レバレッジをどうするかに
ついて取り上げてみます。

 

損失が発生してもリカバリーできるようにするためには
レバレッジのコントロールが必要だからです。

 

 

 

レバレッジとボラティリティ

 

 

ボラティリティは、「変動率」という意味です。

 

トレードを行う期間が長い場合にはレバレッジを低めにし、
トレードの期間が短ければ、レバレッジを高めに設定しても
安全です。

 

といいますのは、トレードの期間が長ければ、日経平均株価が上下に
動く幅が大きくなり、変効率は高くなり、トレード期間が短ければ、
逆に変動率は小さくなるからです。

 

このように、レバレッジは、対象となるトレード期間の
ボラティリティに応じて決定するのがよいでしょう。

 

 

 

レバレッジを何倍にするか?

 

 

スイングトレードでは?

 

 

スイングトレードとは、日経平均株価に明確なトレンドがあるときに、
2日間から5日間程度の期間でトレードが完結する投資法です。

 

さて、レバレッジを何倍にするか決めるということは、投資資金に
対して日経225mini(ミニ)の取引枚数を何枚にするかということと
同じといえます。

 

日経225mini(ミニ)では、証拠金と取引金額は常に
変動しているので、取引枚数を計算する方法が有効です。

 

その計算の公式は、

 

 

取引枚数=

 

(投資資金×20%)÷(最大ドローダウン×100)

 

[最大ドローダウンとは、一時的に資金が最大に落ち込んだ場合の損失額]

 

 

となります。

 

この公式の意味は、日経225mini(ミニ)のトレードでの損失額が、
発生しても投資金の20%以内の損失に収まるように取引枚数を設定
していることになります。

 

なぜなら、損失が投資資金の20%を上回ると、元の投資金を取り戻す
ことが困難になりることが、過去のデータでわかっているからです。

 

(表を参照)

損失
回復のための利益
5%
5.3%の利益
10%
11.1%の利益
15%
17.5%の利益
20%
25%の利益
25%
33%の利益
30%
42.9%の利益
40%
66.7%の利益
50%
100%の利益
60%
150%の利益
80%
400%の利益
90%
900%の利益

 

取引枚数を割り出す計算例

 

 

[最大ドローダウンとは、
一時的に資金が最大に落ち込んだ場合の損失額]

 

ですが、
言葉を変えれば、想定できる最大のリスクとも言えます。

 

ここでは、最大ドローダウンが、500円で、投資資金が50万円を
例としまして、適切な取引枚数は、次の計算式で求めてみましょう。

 

 

取引枚数=

 

(投資資金×20%)÷(最大ドローダウン×100)

 

から

 

 

2枚=

 

(50万円×20%)÷(500円×100)

 

 

投資資金が50万円のときは、投資資金が2枚が
適切となります。

 

デイトレードの最大の魅力は、

 

 

デイトレードの場合のレバレッジ

 

スイングトレードと違って、デイトレードでは、
フルレバレッジ(取引可能な最大枚数を取引する)で取引をしても
レバレッジ管理の点から見て、極めてリスクが少ないところです。

 

日中相場が動いているときに、日経225ミニの価格が窓を
開ける(値段が飛ぶ)ことはありません。

 

前場の引けと後場の大引けで必ず反対売買を
していれば、追加証拠金の発生の心配はないということです。

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

日足、週足、月足、年足にテクニカル指標を重ね書き可能なソフト。日々の相場データのダウンロード機能付き。プロ版では、サヤ場帳、玉帳機能、米国株式データなどをご利用いただけます。日経225先物、日経225オプション対応!(プロ版)

免責事項

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
著作権
※著作権は放棄しておりません。
当サイトのいかなる画像も文書も転載は不可です。