SPAN証拠金

日経225先物取引はSPAN証拠金制度により、取引できます。

証拠金は先物取引で損失が生じた場合でも決済ができるように預けておく保証金のようなものです。

 

SPAN証拠金は「SPANR」に基づき計算された基準額をベースに、各証券会社で設定されます。

 

SPAN証拠金はSPAN(スパン:保有する建玉のリスクの大きさに応じて証拠金を計算する制度)に基づいて証券会社が算出し、その金額以上の差し入れを顧客に求めることになっています。

 

証券会社によって、必要証拠金は、SPANの何倍と決まっていて1倍~1.3倍の所が多いです。

 

例えば、証拠金が60万円とすると必要証拠金が1倍の証券会社だと60万円入金しておくだけで先物をラージ1枚取引できます。

 

ラージ1枚は、日経平均の1000倍なので16000円の場合1600万円の取引を60万円の証拠金で取引できる事になりますね。

 

もちろん、証拠金ぎりぎりの取引で損をするとすぐに必要証拠金を下回りますので、もっと入金しておかないといけません。

 

SPAN証拠金は、過去数十日で最大の動きがあった日をもとに計算されます。

 

1日に1000円日経平均が動いた日があったら、その後ラージ1枚で140万円くらいにはなります。幅の範囲制限はありません。

 

新規の取引を行わない場合でも基準額が変わればその額が適用されます。

 

また、相場の見通しが予想に反して動いた場合、証拠金以上の損失が、発生するほか、損失で不足した額を追加証拠金(追証:おいしょう)として差し入れなければなりません。

 

資金が少ないと余裕なくなりますので、管理人の個人的な意見ですが、レバレッジも考えて、日経先物1枚につき200万証拠金を用意することを推奨します。

 

証拠金取引は、怖いイメージがありますが、証拠金制度により、レバレッジをかけることが出来、少ない資金で大きな取引をすることが出来るのです。

 

資金管理をしっかりしていれば、とても効率よく取引する事ができます。