SQとは?

SQとは、スペシャル・クォーテーションの略。

 

SQ値とも言いまして、指数を構成する各現物株の現物市場での始値から算出される
特別な指数のことです。

 

株価指数先物取引の最終決済に使用されるほか、 株価指数オプションの権利行使の際に利用される最終清算指数です。

 

日経225先物、日経225mini、日経225オプション取引の場合、 限月の第2金曜日の日経平均株価(日経225)構成銘柄の始値に基づいて算出され、その日の大引け後に大阪証券取引所から公表されます。

 

日経225の先物取引場合、数の丸めは行われず、銭単位まで表示される特別の日経225指数をそのまま採用しています。

 

蛇足ですが、証券取引法の禁止行為に”なるかも”知れなくてあまり大きな声では、言えませんが、相場操縦をして投資する人々もいるらしいのです。

 

その相場操縦方法の一例として、例えば、日経225先物を買い建てにしてSQを迎えた時に、現物株の寄付きで買いを入れることでSQによる決済価格を引き上げようとする行為です。

 

指数構成銘柄全てに買いを入れることは困難だと思いますが、構成比が高い銘柄や市場流通量の少ない株に買いをいれることでより少ない金額でSQ決済価格を高くすれば、先物の最終決済利益を拡大することができます。

 

ただし、この例の場合は、証券取引法の禁止行為に”なるかも”でして、”ならないかも”知れませんが・・・。

 

また、最終決済時に一度に反対売買がなされることを考慮すれば、少なくとも他の時期と比較して価格変動率が高くなるということは言えると思います。